木下工業株式会社 採用サイト

Interview
人を知る

先輩社員が語る「溶接と人との関わり」

自己紹介

NAME:

中谷祐斗

DEPARTAMENT:

第2製造部 溶接G

JOINED YEAR:

2013年

頼りになる先輩方。丁寧に教えていただける環境に感謝しています!

高校を卒業してから、新卒として入社し、今年で5年目になります。

担任の先生に紹介してもらったことが、木下工業との出会いです。
入社当時から溶接グループに配属され、汚いイメージもあり、正直、最初は抵抗もありました。

仕事の内容としては、鉄骨という点では似通った加工が多く、回数を重ねる中で上達していると感じることができています。
しかし、“もの”によっては加工方法が違うので、まだまだ覚えることばかりで非常に大変です…。

ただ、先輩方は非常にやさしく、親身になって指導をしていただけるので、今では溶接の仕事にとてもやりがいを感じています!

丁寧に仕事を教えてくれた先輩方に感謝です!

自分が関わった物件が形になったとき、この仕事をしていて良かったと毎回思います

溶接という仕事はただ鉄骨をつけているだけと思っていた時期もありましたが、自分達が実際に業務に携わった物件が出来上がったとき、「これは自分たちが造った」と心からやりがいを感じることができます。

実は大阪駅や中之島フェスティバルホールの鉄骨は木下工業が担っています。
多くの方が利用する、大きな案件に携わることができるのも木下工業の魅力です!

若い人でも活躍しやすく、働きやすい職場です。

入社した時と比べ、若い方も増えてきており、活気があります。
特に若いスタッフと先輩社員のつながりをとても大切にしており、行事が定期的にあるのも木下工業の特徴です。

社員間のコミュニケーションの場を定期的にあるので、普段、接することの少ないメンバーとも交流できることはとても有難いです。

自分の発言や意見、要望などを気軽に先輩の方々へ相談できているのも、職員間の関係性が良く、木下工業が風通しの良い職場である証拠かと思います。

他の先輩社員の声はこちら

TOPへ戻る